MENU

03-6222-9506

受付時間 平日 : 9:00〜18:00(日本語対応)

Contactお問い合わせ

ホーム

ブログ

What is UI/UX?を徹底解説①

What is UI/UX?を徹底解説①

サムネイル画像

はじめに

「UI」と「UX」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

あまり聞きなれない単語かもしれませんが、実は私達の生活に大きく関わっているのがこのUI/UXです。

昔からパソコンを利用されている方は時代の流れとともにUI・UXが革新的な進歩を遂げてwebのデザインやアプリケーションソフトやツール等が大きく変わっている事はご存知ではないでしょうか?

このIct、Iot時代において決して無視できない事柄として、UI、UXは間違い無く上げられるでしょう。Googleによるトレンド傾向を見てもここ10年間右肩上がりの話題の内容となっています。

ではそもそもUIとUXなぜ並行して説明されているのか?

また正式名称は?

開発事例などを含め説明していきましょう。

 

「UI」、「UX」の正式名称は?その違いは?

そもそもこのUIとUXの正式名称は何かご存知でしょうか?

 

「UI」とは?

UIとは「User Interface:ユーザーインターフェース」の事を指しています。

UIは日ごろから触れている存在でもあり、「なんとなく聞いたことがある」という方もいるかもしれません。

このユーザーインターフェースという言葉は、「製品やソフト、アプリケーション等の利用者(ユーザー)を繋ぐ窓口、接点(インターフェース)」などと良く表現されます。

 

分かりやすい具体例をあげましょう。非常に身近なUIとは何か?もしかしたらあなたが今も触れているかもしれません。

そう、パソコンに繋がれている「マウス」や「キーボード」はパソコンと私たちを繋ぐためのUIと言えるでしょう。またスマホを使っているのであれば「タッチパネル」これらが無いと私たちのパソコンやスマホ操作はままならないでしょう。

少し感じにくいかもしれませんが、実在するハードウェア以外にも私たちが使用しているwebブラウザや検索ツールなどのソフトウェアもUIといえるでしょう。このようにシーンに合わせて実に様々な形状をしており利用のされ方も多岐に渡る…それがUIといえるでしょう。

 

「UX」とは?

UXとは「User Experience:ユーザーエクスペリエンス」の事を指しています。

こちらは少し聞きなれない略称かもしれません。このユーザーエクスペリエンスという言葉は、「利用者(ユーザー)がUIを通じて得られる経験・体験(エクスペリエンス)」と表現されます。つまり、UXと利用者が実際にUIに触れた結果持たされる経験・体験ということです。

従ってUIによってもたらされるUXとは触れた人により大きく変わってきます。勿論、「素晴らしい、快適、便利」などのプラスの意味での体験もあれば「不便、いまいち、使いにくい」と言ったマイナスの感情に働いてしまう事も認識しておく必要はあるでしょう。

例えば若者がパソコンやスマホを利用した結果「非常に便利、無くてはならない」と感じれば、機器に不慣れのご高齢の方は「よくわからない機械」という感情をいだくこともあるでしょう。

 

はこのUIとUXの違いは?

「UIとは決まったソフトやハードなどのモノの提供に対し、UXはその利用者の体験や経験による反応」といったところでしょう。

しかしこの違いが曖昧となりがち、またはよくわからないという声は非常に多いです。

事実、このUI・UXという単語は検索ワードでその違いについて調べられる事が多々あります。

今まで説明してきたようにUIとUXは互いに密接に関係しており、これらを切り離して考えることはナンセンスといえます。つまりUXという大きな輪の中のひとつにUIが存在しているという考えが重要です。

 

 

 

 

ここまでで、UI・UXについての概念を説明してきました。

この後、UI・UXを使った具体的な開発事例と当社のUI・UX開発についてご説明したいと思います!

What is UI/UX?②

 

  • この記事を書いた人
  • この記事の監修者
執筆者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

監修者画像

窪田 陽介

はじめまして!ハイブリッドテクノロジーズの窪田です。 当社は、次世代テクノロジー開発で世界をリードするベトナム人エンジニア700名(日系企業最大規模)を有し、ビジネスデザインを日本国内で、開発をベトナムで行う「ハイブリッド型開発」により、EC、モバイルアプリケーション、HRシステム、ポータルサイトなど長期運用が必要とされるサービス提供を行う企業のシステム設計、開発、運用業務に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるお客様の事業成功をコミットしています。

Download

ダウンロード

ダウンロードバナー画像

この資料をダウンロード

ご相談、資料請求はお気軽にお問合せください。

   Contactお問い合わせ